同窓会は大盛況

5月に引き受けてしまった、同窓会幹事。
終わりました。
大変だったけど、楽しかった。


現実逃避のような集まりだから、
しばらく余韻に酔いしれそう。
・ 
今日の言葉
過去が変わる





・・・・・・・・・・・・・・・過去ブログ
2009-10-24
収穫いそがし


昨日は結局原稿には手を付けることができず、
かといって、外出して興奮するんだか、
無駄に起きて時間をすごしてしまいました。

今日のアーカイブスは、
NHKスペシャ
「愛する命を送るとき 〜ある夫婦のホスピス絵日記〜」
10年前に放送されたもの。
ご覧になりました?


10年前は、分からなかったことが分かるようになる。
歳をとるのも、まんざらではないなと思う。


夫の龍一さんは、いくつも年上だと思ってたのが、
若くなっているのは、分かるけど、
奥様の河辺さんは、
もしかしたら、魔女だったのかもしれない。
だって、10年前より若くなっている。


同じタイトルで、本がでています。
練馬の図書館にもあるから。
って、作者が聞いたら、怒られるかな。
買って下さい。


本も読むといいですよ。
そのときだけは夫に優しくしようかな。
っていう気になるから。

台風以来
たまっていた銀杏の皮むき。


前に収穫したのが、やっとなくなったのです。
それくらい、この間の台風で大量に落ちたのです。

機械にかけるから
早いのですが、
機械のセットが面倒。
またたまったらね。

ボスは、ユンボで、腐葉土の切り返し。
ツボカワサンたちは、ガレージの掃除。


土曜の割には、来る人が少ない。
いろんな行事が、あるのでしょう。


急に、作物ができるようになりました。
ブロッコリーの収穫をした人もいます。
にんじんの出の悪い人が、変わりに播いた、
カブは、ずいぶん大きくなりました。


サトイモの大きな親株
とってもおいしかったというお話を聞きました。
焼肉店の店先では、
サトイモの親株は破格で置いてあります。
明日値上げしちゃおうかな。


大根とにんじんは、人によって大きさが違いますが、
来週くらいが一番いいと思います。


大根の黒いイモムシ。
カブラババチが大発生中です。
ワサワサ音を立てているほどだという人もいました。
下に新聞紙でも敷いて、
葉っぱを揺らすと、いっぺんに落ちてくるので、
簡単に、駆除できます。
簡単なんだけれど、
農園にこないことには食べ放題のパラダイスです。

店長が垣根の手入れがんばってしまうものだから、
その後片付けがあり、サトイモまで手が回らず、
昨日掘った分は、完売してしまった。
明日晴れていたら、掘りに行かないと。


野菜教室のお疲れ様の会が、12月6日に変更です。
ご都合のつく方はホワイトボードに
出欠のしるしをお願いします。

今日の言葉
小さな喜びを発見する心





・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・過去ブログ
2008-10-24
春菊収穫


春菊の収穫は間引きをかねて、
根から抜くこともありますが、
葉を2,3枚残して、上を刈ると、
また葉の付け根から、生えてきます。


霜が降りる頃まで収穫が出来ます。
寒くなってきたら、寒冷紗を重ねるのもいいかも。
寒さ除けと、日光がさえぎられて、
柔らかめに仕上がります。


トンネルやハウスで、
霜がよけられれば、
冬中収穫が出来ます。

大雨の一日で、
うっかりポピーの播いた箱を外に出しっぱなしで、
芽が出たばかりで、おぼれていました。
せっかく芽が出たのに、スプラウトです。


土が入っているほうは穴が開いていて、
パックが2重になっているから、
はずして、水を除いて、
バーミキュライトは、肥料分がないので、
薄い肥料をやって、
何とか丈夫なってくれることをいのります。

一日家にいて、日が当たっていないので、
なんだか私ももやしみたいです。
寝ぐされ病かな?
よく降りました。


アブラムシが少し減ったかな。
明日は銀杏が落ちていることでしょう。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2007-10-24
君子ランの花を咲かせよう


写真は、金盞花の芽生え

夕刻、風のにおいが
冬の匂いに変わっていることに気がつきました。


石油屋さんがこのあたりは、
それぞれに音楽を鳴らしながら、
タンクローリーで売りに来ます。


今月いっぱいは、
ストーブに頼らないで済まそうとは思っているのですが、
朝は、ちょっと辛くなって来ました。


ウチの冬は、温暖化は関係ないかも。

そろそろ、外にある植物を、
家の中に入れないと。

君子ランは
寒さには、弱いのだけれど、
ぎりぎりまで、
寒さに当てないとちゃんと花芽ができません。


10℃くらいまでは、枯れないのですが、
それより寒くなって、
霜にでも当たってしまったら、
枯死してしまいます。


かといって、暖かすぎると、
花芽がちゃんと、作られません。


あくまで目安ですが、
10℃程度の環境で、
1ヶ月ぐらい、すごして
その後暖かくなると、
花芽が伸びてくるようです。


ちゃんと寒さに当てた後、
どこで、暖かさを与えるかによって、
花の時期をずらすことが出来ます。


たぶん寒さ何度で何日、暑さ何度で何日で咲く。
といったデーターはあるはずなので、
興味のある方は、調べてみてください。


君子ランは、お日様に当ててはいけないだとか、
いろいろ、難しそうなことはありますが、
植物の生理を知ると、
ある程度パターン化できるので、
案外、花を咲かせるのは、簡単なんですよ。


来春には、花が見られますように。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2006-10-24
大根おろし


風がたくさん吹いたので、
銀杏がたくさん落ちていることでしょう。

大根の収穫ができるころになりましたが、
もう少し大きくはなります。


初夏にとった大根が、
今頃重宝しているというお話を伺いました。


秋刀魚に大根おろしにして、
冷凍したものだそうで、
おいしくいただけましたということです。

にんじんのはや、キャベツの葉の利用も、
教えていただきたいです。

ピーマンとしし唐の葉の佃煮は、
おいしかったと何人もの方から声をいただきました。

葱は、もう倍くらいの太さになりますが、
そろそろ市販の太さにはなっています。
もう少し土をかけて、長くしましょう。

にんじんの出が悪くて、
春菊を播いた人はそろそろ、収穫です。


一番下の葉を2.3枚残して、上を切って収穫します。
葉を残しておくと、そこから、又芽が伸びてきます。


残す葉が多いと、
たくさん芽が出るのですが、
ひよろひょろで、あまり大きくなりません。

今日の言葉


障害は生きていくうえでの不便。
誰にでもあること。
誰にでもありうること。